棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 口コミ

スポーツパフォーマンスが抜群に向上

01.jpg

詳細はこちら>>クリック

あなたは、「胴体トレーニング」をご存知ですか?

トレーニング」と言われると、ハードな運動をイメージしてしまいがちですが、

実はそんなことはなく、体操程度のかんたんな運動で

キツい筋トレや、痛いストレッチをすることなく、

カラダを動かす気もち良さを感じながら、可動域をグンと広げることができるのです。

「それしてどうなるの?」

と思うかも知れませんが、

カラダの歪みを整えることで、本来のバランスの良いカラダにし

胴体の効率的な動かし方を覚え、上手く使いこなすことで、

手足などの運動能力を最大限に引きだす事ができるんですよ。


それにどれだけカラダが硬くても、たった3分で「関節の可動域」がググッと広がり

即効でスポーツのパフォーマンスがアップする体になれる

棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』

〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001]の口コミをご覧になって、

ご購入の参考にしてください。



【野球】
・腕を長く使えるようになり、「しなり」が生まれて軽く投げるだけでも伸びのあるボールを投げることができる!

・肩関節の可動域が広がることで、打つとき・投げるときのテイクバックが楽になり、無駄な力みが取れる!

・どんな体勢であってもカラダの軸を作れるようになり、たとえタイミングを外されても粘り強く打ち返すことができる。

・胴体を「最大にねじる」ことができるので、ヘッドスピード、腕の振りが早くなり、飛距離・球速がアップする!


【テニス、ソフトテニス、バドミントン】
・「カラダを使って打って!」と言われなくなる。手打ちのテニスから卒業できる!

・肩関節の可動域が広がるだけで、腕の振りがいつもよりも大きくなりサービスが非常に楽にうてる。それにより1stの確率がアップする!

・股関節の可動域が高まると、身体が突っ込むことがなくなりローボレーやハーフボレーも深く打つことが出来る!

・胴体の「ねじり」を高める事で、プロのようなひねり戻しが生まれ力強いストロークを打てる事ができる。


【ゴルフ】
・スイングスピードがアップすることで飛距離がアップする!

・肩関節の可動域が広がるだけで、バックスイングがいつもよりも楽な姿勢でひねる事ができるので、無駄な力みが取れる!

・股関節の可動域が高まると、ハッキリと体重移動を感じられる。そのせいで、軸が感じられ、フォームが崩れにくくなる!

・胴体の「ねじり」を高める事で、年齢で飛距離が落ちることはなくなりいつまでも番手通りの飛距離を出すことができる!


【サッカー、フットサル】
・体全体に上手く力を伝えられることで、軸が作られ、俊敏な切り返しでもブレなくなり、ディフェンスの対応力があがった!

・腕を長く使えるようになることで、今まで届かなかったボールに手が届きセービングが安定した!

・股関節の可動域が広がることで、大きなモーションでフェイントが行えディフェンスの間をスルスルと抜くことができた!

・胴体の「ねじり」を高める事で、ひねり戻しの力をボールに加えられ、力強いシュートが打てることができる!


【バスケットボール】
・体全体に上手く力を伝えられることで、軸が作られ、シュートモーションがブレなくなり、安定したシュートが打てる!

・肩関節の可動域が広がることで、シュートポジションが高くなることで、ループが高いシュートが打て、高確率で入るシュートが打てるようになった!

・股関節の可動域が広がることで、低い重心移動でもブレなくなり、ディフェンスフットワークが俊敏になる!

・腕を長く使えるようになり、今までよりもより高い位置でリバウンドを取れるようになった!

・胴体の「ねじり」を高める事で、大きなモーションでドリブル中に切り返せることで、かんたんにディフェンスを抜くことができる!


【ダンス、エアロビクス】
・筋肉が柔らかくなり、美しくしなやかな表現ができるようになった!

・バランス感覚が向上し、ボディバランスがよくなった!

・肘やひざを正確な位置でキープできるようになった!

・手足が長くなり、ダイナミックな演技ができるようになった!



いかがですか?

まだまだ沢山の感想がありますが、ここではこれ以上書けません。

この、ノウハウで股関節の可動域を広げるには

「丸める / 反る」

「伸ばす / 縮める」

「ねじる」


この「たった3つ」の事を「わずか3分間」行うだけなんです。

そして、貴方の股関節の可動域が広がれば、スポーツパフォーマンスが抜群に向上するだけでなく

怪我の可能性も大幅に減り、練習や試合に集中できるようになれ技術アップにも役立ちますよ。

気になりましたら詳細はこちらより詳細をご確認ください。


詳細はこちら>>クリック


どれだけカラダが硬くても、たった3分で「関節の可動域」がググッと広がり即効でスポーツのパフォーマンスがアップする体になれる棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001]の口コミをこっそり公開しています。

棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 「たった3つ」の事を「わずか3分間」行うだけ


棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 感想


棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 口コミ


棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 評判

棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 口コミカテゴリの最新記事
| 更新情報をチェックする

棗田三奈子プロフィール

prof.jpg

詳細はこちら>>クリック

棗田先生は、胴体トレーニングを指導する「大棗の会(たいそうのかい)」を主宰され、

数多くのスポーツ選手やダンサー、武道家など、その道のプロへも指導されている方です。

10代後半よりジャズダンス・バレエを始め、

カラダが上手く使えず故障したのを機に、

1988年より身体運動法を武道家・故伊藤昇に師事。

武道の動きをもとに身体表現の基となる動きの質を14年間にわたって学ぶ。

2002年より骨格、神経、免疫学を株式会社ビュウスの岡本皐蓉氏に師事。

1993年より青山倶楽部等のスポーツクラブ・ダンススタジオなどで、

胴体トレーニングの指導を開始し、1997年に「大棗(たいそう)の会」を設立、主宰。

一般の方はもとより俳優、ダンサー、スポーツ選手、武道家、トレーナー、整体師、ヨガ、ピラティスの指導者など動きのプロへの指導も行い、高い評価を受けている。

【著書】

棗田式 胴体トレーニング(ベストセラーズ)


詳細はこちら>>クリック


どれだけカラダが硬くても、たった3分で「関節の可動域」がググッと広がり即効でスポーツのパフォーマンスがアップする体になれる棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001]の口コミをこっそり公開しています。


大人のひきこもりを社会復帰させるプログラム 『ひきこもりドクター』 実践記


大人のひきこもりを社会復帰させるプログラム 『ひきこもりドクター』 体験記


大人のひきこもりを社会復帰させるプログラム 『ひきこもりドクター』 口コミと実践記


大人のひきこもりを社会復帰させるプログラム 『ひきこもりドクター』 口コミ

| 更新情報をチェックする
Copyright © 棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001] 口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。